昔の親父の生活と現在の生活の違い

僕が小さい時、親父は毎朝早く起きて仕事に行っていました。家族のために毎日働く親父を毎日見送ってたっけ。

休憩は疲れているのにも関わらず家族のために旅行に連れて行ったり楽しい思い出を作ってくれたのを思い出します。

そして10年がたった今、親父は毎日家にいます。

腰を痛め、仕事ができなくなってしまいました。

そのため母親を支えるべく主夫になりました。

洗濯、掃除、など今まで母親がやっていた事は全て親父の仕事です。

母親は美容室を営んでおり、仕事に集中できると大喜びでした。

親父も母親の笑顔がパワーの源なのか今でも楽しく家事をしています。親父が今まで家族のために働いてくれたので、今度は家族の事を今でも見張る警備員になりました。

いつまでも父親は家族のために働いています。

初めての妊娠 出産準備の苦悩と楽しみ

私は妊娠中の専業主婦です。

初産で、現在妊娠9ヶ月目です。

先日より、出産入院に向けて、入院用品やベビーグッズなどを買い揃えています。

しかし、初産に加えて、私の周りには「ママ友」と呼べる友達も居らず、

私も主人も、何を買えばいいかさっぱり分からない状態で困っています。

一応、雑誌などを買って必要用品は調べるのですが、

各メーカーから似たような商品がたくさん発売されている為、

それぞれの商品についてメリット・デメリットなどを検討するのにすごく労力がいります。

赤ちゃんの肌着一つとっても、「短肌着」「長肌着」と種類があって、

何が違うのか、両方必要なのか、など一つ一つ調べなければならないので、夫婦そろって苦戦しています。

ベビー服やスタイ、おくるみ等、選んでいて可愛いものばかりなのは楽しいのですが、

必要なものが必要な分だけ買えているか、常に不安です。

しかし、毎週末主人と二人でベビー用品店に通うのはとても楽しく、幸せな時間です。

出産は不安も多いですが、家族3人での生活を楽しみにしています。

大谷に次ぐファイターズのエースとなれるのか

一昨年のドラフトの目玉として鳴り物入りで入団したファイターズの有原投手、昨年は肘の故障もあってシーズン途中から先発ローテーションに定着、それでも9勝を挙げて見事パ・リーグの新人王に輝きました。

今年は開幕からうまく波に乗り切れなかった大谷投手をカバーする様に開幕から勝ち星を重ねてリーグ最速で10勝をマークしました。

しかし後半戦が始まるとその勢いも失速、今まで後半戦での勝ち星は0、先発しても打たれて降板する場面が増えていつの間にか6連敗を喫してしまいました。

シーズンも残りわずか、ファイターズでは大谷に次ぐエースとして、ここで最後の力を振り絞って前半戦に見せていた投球をもう一度見せてもらいたいものです。

思わず笑ってしまう今日の出来事

いつもはそんなに朝早く家を出たことはないのに、今朝実家に行くために8時前に家を出ました。この辺りは交通の便が悪いので大抵の人は自家用車で通勤しています。その渋滞に巻き込まれたのです。車間距離をあけていましたが、前の車のナンバープレートの周りに何か小さい文字が書かれているのに気が付きました。

信号がなかなか変わらない場所だったので、その文字が気になり始め段々と前に進んでいったのです。そして、その文字を読もうと一層近づきました。なんとその言葉は、「読めるほど近づくな。」だったのです。その言葉を読んで一人吹き出してしまいました。そして、読むために近づいていた自分を想像するとそれもまた滑稽で笑ってしまいました。