サンタクロースに何を頼むか

12月に入り、クリスマスまであと20日を切りました。お店ではクリスマスケーキの予約が既に始まっていて、駅前のイルミネーションは道行く人を楽しませているようです。このように、クリスマスが近いことを実感します。

そして12月1日、毎年恒例のサンタクロースを追跡する「サンタを追いかけよう」のWebサイトが始まりました。このサービスは12月24日クリスマスイブの夜に、世界中を回るサンタクロースをGoogleマップ上で追跡できるというものです。

このように、クリスマスは世界中の人々にとって特別な日です。子どもの時はクリスマスケーキを食べて、サンタクロースにプレゼントを頼みました。しかし、大人になった今ではケーキは食べませんし、プレゼントも頼みません。世間ではこのような行事が行われているのだなと思う程度です。

しかし、その気持ちは変わったように思います。私は最近、その「サンタを追いかけよう」のWebサイトにアクセスして、サイトにあるミニゲームを少し遊びました。少しだけでしたが、楽しかったです。サイトは楽しませるような趣向になっているようで、クリスマスが身近になるような感覚になります。そのため子どもの時のように、サンタクロースに何を頼もうかと思うようになったのです。

ただ、何を頼むかはっきり決まっているわけではありません。漠然としていて、今のところモヤモヤしています。しかし、クリスマスイブまでにはサンタクロースに何を頼むかしっかりと決めたいと思います。サンタクロースは子どもだけではなく、大人の頼み事も聞いてくれると信じています。

「ワナビ」を抜け出す

僕は作家になりたい。

けど本を読むことは好きだけど、文章を書いたことはほとんどない。

書きたいと思った小説のキャラクターの設定や、ストーリーのアイデアは何となくのレベルで浮かんではくるのだが、その浮かんできたものを文章にする能力が不足しているのだと思う。

作家になりたいなりたいと言っているけど、中々慣れない人の事を英語の「I wanna be」をもじってワナビと呼ぶ、なんとも皮肉たっぷりの業界用語も存在するらしい。

ただ今の僕は正直いってその「ワナビ」の状態だ。

けど今作家として収入を得ている人たちだって、最初はワナビの状態からスタートしたはずだ。

このワナビの状態から抜け出すには、とにかく文章を読んで書いて、アイデアを考えてメモして、日常生活から常にアンテナを張っていくしかないと思う。

僕は本を読んで考え方が変わるような素晴らしい本に何冊も出会えたし、大げさじゃなく本や文章には人、そして世界にまで影響を及ぼす力を持っていると思う。

僕がそうだったように、僕が書いた文章でその人の人生や考え方に少しでもプラスの影響のきっかけになれるような、そんな作家を目指していきたい。

そのためにも日々、文章力と人間力の向上に努めていきたいと思う。

インドネシアのバリ島での火山活動が活発化している

昨日のニュースでインドネシアバリ島のアグン山で大規模噴火が見込まれており、住民10万人の避難や空港の閉鎖のことを報じていました。その空港封鎖にともない航空各社がバリ便の運航をやめ、約445便が運休になったと言っていました。バリ国際空港は現地時間の、29日の朝まで封鎖されるようです。火山灰により飛行機の運航に影響が出るためです。

バリ島は日本でも人気の観光地ですが、この噴火により観光客は大きな影響を受けることになりますし、年末年始の旅行の計画も大幅に変更されると思います。

インドネシアは日本と同様に火山の多い国です。火山は噴火するとその被害は甚大ですが、恩恵も温泉や風光明媚と言ったものがあります。日本でもこの恵みを生かしている所が数あります。また火山とうまく付き合っています。バリ島も同じではないかと思います。

火山は噴火すると危険ですが、噴火していないと山の景色は雄大です。火山は噴火が続くわけではないので、治まることがあります。今回の年末年始は無理だとしても治まった頃に訪れることで噴火のため一時避難することになった島の復興にもつながるのではないでしょうか。また被害を考えると噴火が早く治まってほしいです。

出品するための本を出して自分のことを考える

昨日の夜はメルカリ、あるいはその姉妹アプリのメルカリカウルに出品するための本を整理したり出品したりしました。

もう何年も本を積みっぱなしにしていたので大量のほこりと読んだけども内容を覚えていない本や漫画が出て来てとても懐かしい気分になります。

自分の記憶にあるよりも雑誌もたくさんあり、それは次の古紙のゴミの日に出すことにしたのですが、その日は12月の中旬でした。

その日を忘れないようにスケジュール表にメモし、その日までに雑誌をひもで結んでおくことにしたのですが、その前に少し読み返したい気持ちもあります。

それで今回は買ったけど読まなかった本もこれからも読まないだろうと出品することにしたのですが、平気で出品できるものと出品したくないものに分かれて興味深く思いました。

その出品したくない本というのは地政学や科学についての本で、これはまた読み返したいし必要な時に読めるように手元に置いておきたいです。

私は長らく自分のやりたいこと、好きなことは何だろうと悩んできましたが、どうも国際情勢や科学技術などの未来に関することに興味がありそうだと分かってきました。

その分野をもっと深めて行きたいと思いつつ、床に本を積んでおきながら就寝しました。

待っていました!気持ち良い天気の日曜日

本日は一日よく晴れていました。起きたときから気分良くていい気持ちです(^o^)

ご飯はブランチでパンケーキを焼いてみたのですが、ちょっと焦げてしまいました。付け合わせのお野菜は昨日の残りのボイルしたブロッコリーとにんじんです。お気に入りのコーヒーはちょっぴり贅沢して有機のものをおとしました。

普段の疲れが溜まっているので、無理せず起床時間はちょっと遅めです。

お布団を干して洗濯物をして、やっと一段落。晴れているので家事がはかどりました。

午前中は家事に追われてしまいますが、やっとゆっくり3時のティータイム。今度は気分を変えて紅茶で一服。

この時間になると、今日の夕飯を何にしようかとか、明日からまた仕事だなとかちょっぴり憂鬱になります。

もう冬なんですね、日が陰り始めているのを感じます。まだ三時半なのに。

最近、飼い猫が元気がないので病院にも連れて行きたいのですが、ちょうど本日は日曜日で動物病院は休診だったかも。

もう十年生きているので高齢だとは思いますが健康診断も兼ねて診てもらおうと思っています。明日予約入れよう。

かくいう私も健康には気を使っているつもりですが、この時期は飲み会に誘われる機会が多くて呑んでしまいます。ほどほどにせねば。

ではまたね。

運転を始めてもうすぐ1年お気に入りのインプレッサスポーツ

10年以上ペーパードライバーでしたが、子どもが1歳半になり行動範囲が広がってきたことを考えて、車でお出かけしたいと思うようになりました。

それから、まずはタイムズのカーシェアリングで2カ月ほど車に乗って、インプレッサスポーツを購入することになりました。

インプレッサスポーツカーシェアリングでも何度か乗っていたので、乗り心地は分かっていましたが、実際に購入したものは年式が少し新しいものだったので機能性も抜群で乗り心地もとても良いのに驚きました。

中古で購入したものですが、今話題の安全性能もついていて、アイサイトで衝突回避と車線のはみだし検知がついているところも魅力の一つでした。

また、前に乗っていた方がドライブレコーダー、ナビ、ETCも揃えていたこともあり、購入してすぐナビもETC、ドライブレコーダーも使うことができたのは有難いところです。

インプレッサスポーツは、エコモードで走りながら加速も力強く、運転する感触は車が好きな方にはおすすめの乗り心地です。

内装はシンプルでありながら程よく居住性も兼ね備えていて、お手入れもしやすく、独身の方からファミリーまで幅広く使っていける雰囲気だと思います。

横幅、奥行きともに5人乗りでありながらゆとりがあり、高さも立体駐車場に入る大きさでありながらゆとりもあるので、子どものとのお出かけから家族とのお出かけにもとても役立っています。

前に所有していた方が大切に乗っていたのが分かるきれいさと機能性が備えられた車を購入できたので、自身も大切に乗っていきたいと思っています。

わたしと夫のぶらぶらねこ探しさんぽ

最近の趣味は家の近所にいるねこの観察です。夫と二人で、散歩がてらねこを探しています。

うちの近所にはねこが多く、いわゆる地域猫として地域の人々から世話をされています。小さいねこから大きいねこまで、柄も様々なねこがいますが、みんなきれいな毛並みをしています。ただ、飼い猫ほど人懐っこくはなく、人間と微妙な距離感を保っている感じです。

毎日通る道に、ねこが集まる公園があります。天気のいい日にはねこたちが日向ぼっこをしていたり、雨の日にはベンチの下で雨宿りしていたりと、通るだけでこちらも癒されます。毎日見ていると分かりますが、ねこたちにはそれぞれのお気に入りの場所があって、階段に寝そべるのが好きなねこ、ベンチの上に寝そべるのが好きなねこ、遊具の上に乗るのが好きなねこなど、さまざまです。

最初の頃は私たちが通り過ぎるだけでビクビクして逃げてしまっていたねこたちですが、毎日通るから顔を覚えてもらえたのか、最近は少しビビりながらもこちらの様子が気になるようで、あんまり遠くまで逃げなくなりました。手を近づけてにおいを嗅いでもらえるぐらいには近づけます。

もうすぐ冬がやってきて、ねこたちも寒さを乗り越えなくてはなりませんが、これからもそっと見守って行きたいと思っています。

つや姫の新米を頂きました。

私の伯母は山形県の米農家に嫁いでいます。

毎年秋になると新米を親戚中に贈ってくれるので、とてもありがたいです。

今年は山形ブランド米のつや姫を10kgも贈って頂き、家族揃って驚喜しました。

初日は銀シャリ、2日目はワカメ入り混ぜご飯、3日目は椎茸と人参と牛蒡と油揚げの炊き込みご飯にして食べました。

いずれの食べ方も大変美味しくて、子供達もモリモリと食べてくれました。

白米のままでも充分すぎる程の旨味があるため、つや姫をカレーや丼物に使ったら勿体ないとさえ感じます。

時間に余裕がある時は、鍋を使ってガスコンロで炊飯します。蓋の隙間から立ち上る匂いや湯気が食欲をそそりますし、吹きこぼれないかハラハラするのも楽しいです。

鍋底に時々出来るお焦げの風味がまた魅力的です。

炊きたてのお米に箸を付ける瞬間は何とも言えない贅沢な気分になります。

米どころとして名高い庄内平野のつや姫は、粒が大きく揃っています。

冷めても美味しいため、お結びを作るのにぴったりです。

たらこや塩昆布を添えると米の甘さが一層引き立ちます。

美味しいお米は日々の活力源だとしみじみと思い、米農家の苦労に思いを馳せました。

頂いたつや姫のおかげで、食事の時間がますます楽しくなりそうです。