大谷に次ぐファイターズのエースとなれるのか

一昨年のドラフトの目玉として鳴り物入りで入団したファイターズの有原投手、昨年は肘の故障もあってシーズン途中から先発ローテーションに定着、それでも9勝を挙げて見事パ・リーグの新人王に輝きました。

今年は開幕からうまく波に乗り切れなかった大谷投手をカバーする様に開幕から勝ち星を重ねてリーグ最速で10勝をマークしました。

しかし後半戦が始まるとその勢いも失速、今まで後半戦での勝ち星は0、先発しても打たれて降板する場面が増えていつの間にか6連敗を喫してしまいました。

シーズンも残りわずか、ファイターズでは大谷に次ぐエースとして、ここで最後の力を振り絞って前半戦に見せていた投球をもう一度見せてもらいたいものです。