デザイン重視の個性派ランドセル

先日、来春小学生になる息子に、ランドセルを買って頂きました。義父母は良い品を、とあらかじめ下調べして来て下さっていたようですが、当の本人は、デザイン重視で、予定していたより安価なものを選択。黒色ベースに、息子の大好きな赤色のラインの入った、個性的なランドセルです。でも、とても嬉しそうで、試しに背負っては、店内をぐるぐる回って、いつまでもいつまでも手放さない姿が微笑ましく、満場一致で決定です。

ランドセルのカラーバリエーションに時代差を感じつつ、息子がこのランドセルを背負って小学校に通う日々が、より一層待ち遠しくなりました。

ここまでの道のりは、とても長かったはずなのに、やはり振り返ってみると「あっという間」に感じます。これからの日々も、もっと早く感じるのかも知れません。一日一日を大切に積み重ねていきたいと改めて思う、親として節目の一日でした。